トップページ.PNG 

懸賞・小遣い ちょびリッチ



2008年03月07日

超高齢出産の記録はどれくらい?


医学の発達によって精子や卵子の凍結保存や体外受精ができるようになりましたが、最近ではホルモン注射を受け続けることによって、閉経後超高齢出産の女性でも体外受精によって妊娠することが技術的には可能になってきました。
閉経後は排卵が起こらないわけですから、超高齢出産の場合、過去に凍結しておいた自分の卵子を使うか、他の人の卵子を使うかになります。
ただし日本では生命倫理の観点から、超高齢出産の場合、人工授精の卵子は本人のもの、精子は配偶者のものであることが義務付けられています。
例外的に配偶者以外の精子を使用する場合には、超高齢出産は登録された施設以外での人工授精は認められていません。
また、他人の卵子による人工授精も認められていません。
超高齢出産では流産の確立が高く、せっかく妊娠したと思って喜んでいたら流産…ということがよくあります。
男性の場合は精子があるのであれば老化など考えなくてもいいのですが、女性の場合は卵子の劣化や老化が超高齢出産のリスクにつながります。

超高齢出産では、ドイツで64歳の女性が出産したとか、イギリスの62歳の女性が出産したとか、世界にはまだまだ驚く超高齢出産があります。
特に周りがみんな結婚していったり、子供の写真付きの年賀状が届いたりすると、「やっぱり自分も…」となるのが人情でしょう。
万一子供が授からなくても、超高齢出産のまたの機会を狙ってみましょう。
超高齢出産は無理ではありません。
若いころは仕事をバリバリこなして、「結婚なんかしないわ」、「子供なんて産まないわ」と言っていた人が、仕事で一段落ついた頃に「やっぱり子供が欲しい」となる超高齢出産が多いようです。
今からでも超高齢出産は遅くないのです。

超高齢出産につきもののリスクは流産や早産、ダウン症などですが、子供は天からの授かりものと思って大切に育ててあげてください。
わがままなようですが、若い頃は本当に仕事だけで生きていこうと思っていたんですね







山本寛太朗式 『ハイブリッドアフィリエイト サイボーグ』 おまかせパック
posted by xたっくんx at 11:33| 大阪 ☀| Comment(0) | ニセクルセ奮闘記(ぇ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

2008年03月07日

超高齢出産の記録はどれくらい?


医学の発達によって精子や卵子の凍結保存や体外受精ができるようになりましたが、最近ではホルモン注射を受け続けることによって、閉経後超高齢出産の女性でも体外受精によって妊娠することが技術的には可能になってきました。
閉経後は排卵が起こらないわけですから、超高齢出産の場合、過去に凍結しておいた自分の卵子を使うか、他の人の卵子を使うかになります。
ただし日本では生命倫理の観点から、超高齢出産の場合、人工授精の卵子は本人のもの、精子は配偶者のものであることが義務付けられています。
例外的に配偶者以外の精子を使用する場合には、超高齢出産は登録された施設以外での人工授精は認められていません。
また、他人の卵子による人工授精も認められていません。
超高齢出産では流産の確立が高く、せっかく妊娠したと思って喜んでいたら流産…ということがよくあります。
男性の場合は精子があるのであれば老化など考えなくてもいいのですが、女性の場合は卵子の劣化や老化が超高齢出産のリスクにつながります。

超高齢出産では、ドイツで64歳の女性が出産したとか、イギリスの62歳の女性が出産したとか、世界にはまだまだ驚く超高齢出産があります。
特に周りがみんな結婚していったり、子供の写真付きの年賀状が届いたりすると、「やっぱり自分も…」となるのが人情でしょう。
万一子供が授からなくても、超高齢出産のまたの機会を狙ってみましょう。
超高齢出産は無理ではありません。
若いころは仕事をバリバリこなして、「結婚なんかしないわ」、「子供なんて産まないわ」と言っていた人が、仕事で一段落ついた頃に「やっぱり子供が欲しい」となる超高齢出産が多いようです。
今からでも超高齢出産は遅くないのです。

超高齢出産につきもののリスクは流産や早産、ダウン症などですが、子供は天からの授かりものと思って大切に育ててあげてください。
わがままなようですが、若い頃は本当に仕事だけで生きていこうと思っていたんですね







山本寛太朗式 『ハイブリッドアフィリエイト サイボーグ』 おまかせパック
posted by xたっくんx at 11:33| 大阪 ☀| Comment(0) | ニセクルセ奮闘記(ぇ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。